Members‎ > ‎

Marin_YORIMOTO


アメリカと日本の映画の違い

企画者        
2712170075-7 平島 真帆
2712170091-9 森岡 佑香
2712170100-1 寄本 真凜

〈概要〉      
   映画は1890年代頃、写真技術を元にフランスやアメリカから発展した。初めは箱をのぞき込んで映像を見るというものだった。しかし、今では各地に映画館が存在し、大きなスクリーンで大迫力の演出を見ることができ、多くの人々の娯楽となっている。映画にはさまざまなジャンルがあり、アクションやコメディから、ホラーやロマンスまで幅広く、それぞれに魅力がある。
   現在日本では、主に日本でつくられた「邦画」と、欧米などでつくられた「洋画」の2種類の映画が上映されている。日本で作られた邦画はもちろんだが、西洋で作られた洋画も非常に人気が高い。
今回のプロジェクトでは、アメリカ留学に行くということで、アメリカの映画と日本の映画のに焦点を絞って双方の映画の違いについて調べる。映画の料金や制作規模、グッズ販売、利用システムなどみせる側の違いから、映画をみる頻度や人気なジャンル、誰と観るかなど、観る側の違いについて調査する。
みる側の調査では、対象を大学生に絞る予定だ。
   また、日本では洋画が上映されているが、アメリカでは洋画以外の映画が放映されているのかも調べる。

〈実施計画〉
 
・事前
日本の大学生にSNSを通じてアンケートをとる。アンケートの内容は以下のようにするつもりである。
 
1.あなたはどれくらいの頻度で映画館で映画を観ますか?
 
2.映画は誰と観に行きますか?
 
3.どのようなジャンルの映画が好きですか?

4.映画を映画館で見ない場合、何で観ますか?
(映画館以外で映画を観る割合やその理由なども)
 
5.なんの映画を観るか決めるときの情報はどこから得ますか?
(SNSで知った、友人から教えてもらった、など)
 
6.映画を見るときポップコーンなどなにか食べたり飲んだりしながら観ますか?
その場合どんなものを食べるか?また、何を飲むのか?
 
7.座席はどの辺を選びますか?
 
8.映画が始まる何分前にシアターに入りますか?また、シアターを出るのはいつですか?(エンドロールまで観るのか…など)
 
 
また、日本の映画館の規模や料金、システム、売っている食べ物(何が売れているのかなどを聞ければ働いている人にインタビューする)、グッズ、マナーなどを実際に映画館に行き調べておく。そしてアメリカに行ったときに、何がどう違うのかを調べる。
 
・留学中
UCDの学生にも同様のアンケートに答えてもらう。このアンケートもSNSを利用して行う予定である。そして、実際にアメリカの映画館に行き、アメリカの映画館で働いている人にインタビューをしたり(マナーについてや映画館のシステムについてなど)、日本で事前に調べていったことと何かどのように違うのかを調査する。

・展望
3人で協力することでより多くのデータを集め、SNSだけでなく積極的に現地の生徒に話しかけて調査を行い、留学という機会を生かして有意義な時間にしたいと思う。より円滑にプロジェクトを進めていくためにも、出国前の事前リサーチをしっかり行っていくつもりだが、それでも現地で壁にぶつかることも多々あるだろう。その都度自分たちの力で改善策を考え、積極的に行動してステップアップしていきたいと思う。
   映画の本場であるハリウッドでは、映画という文化が強く根付いており非常に栄えている。繊細な精神や振る舞い方を重視する文化や国民性を持つ日本という国をよく理解し、調査から国民性の違いについてよりふかく
Comments