Members‎ > ‎

Fumitaka_NAKANO

日本とアメリカの学生の音楽の楽しみ方の違いととストリーミング配信の広まり具合の違いについて

1.      背景と仮定

日本と世界の音楽コンテンツの売上内訳には大きな違いがある(Figure 1, Figure 2)

日本の音楽売上構造はここ10年間ほとんど変化していないのに対し、世界の音楽コンテンツの売上構造は劇的に変化している。

Figure 1 日本の音楽コンテンツの売上内訳の推移

Figure 2 世界の音楽コンテンツの売上内訳の推移

 日本と世界の違いの理由は以下のように考えた。

l  日本人の方が好きなアーティストの数が少ないのでストリーミング配信に加入してのコスパが悪くなってしまう

l  カラオケの文化と関係がありそう

2.      日本でのアンケート結果
Google form
を用いて60人の大学生に以下の5点についてアンケートを行った

l  現在しトリーミング配信を利用しているか

l  ストリーミング配信を利用している/利用していない理由

l  普段聴いているアーティストの数

l  普段音楽をイヤホンで聞く以外にどのように楽しんでいるか(カラオケ、ライブ、クラブ等)

l  自分が音楽を聴けるを環境にある時間のうち、音楽を聴いている時間はどれだけか

 以上の5点について、ストリーミング配信を利用している人と利用していない人のアンケート結果に大きな相違があるものを以下に示す。

Figure 3 ストリーミング配信を利用している人の普段聴いているアーティストの数

Figure 4 ストリーミング配信を利用していない人の普段聴いているアーティストの数

Figure 5 ストリーミング配信を利用していますか?という質問に対する回答に対する音楽を聴いている時間の違い